指圧と整体の違い

身体に疲れがたまっている、節々が痛む、そんな時、皆さんはどちらに行かれますか?

指圧に行く、整体に行く、はたまたマッサージ?

ふと街中で身体を治したり癒したりするところをたくさん見かけるかと思います。

名前がバラバラで私はどこに行けばいいの?と思ったこともあるのではないでしょうか。

今回はその中でもよく耳にする指圧と整体についてその違いをお話したいと思います。

整体で評判のこころ整骨院の指圧と整体の違いの写真

指圧とは?

皆さんは指圧を受けたことはありますか?

指圧とは親指や手のひらを使って、全身にあるツボを刺激して人間本来の自然治癒力を高める手技療法です。

歴史は古く、明治以降にアメリカや中国からさまざまな手技が伝来してから、それらを混合的に組み合わせ大正時代には現在の指圧の原型が出来ていたそうです。

昭和以降になると、その技術体系がさらに確立され、海外にも指圧の存在が認知され始めたので、現在では英語名でそのまま”SHIASTU”(指圧)という言葉で世界に普及しているそうです。

最近ではその派生形として、足つぼマッサージやほぐしなどと呼ばれて、指圧が形を変えて提供されているとか。

整体で評判のこころ整骨院の指圧の写真

整体との違い

ここで整体との違いをお話したいのですが、指圧は実は”按摩・マッサージ指圧師”という国家資格があるんですね!

なので、指圧業、マッサージ業は正式に国家資格を持っている人しか提供できないということが、法律で定められています。

整体との大きな違いはそこにあります。

整体は国家資格がないので、「明日から私は整体師です!」と言えば、整体師になれてしまいます。

もちろん整体師さんのなかでも、技術レベルの高い方もいらっしゃるかとは思いますが、あくまで民間の資格なので、知識や技術があまりない方にあたることも大いにあるということなんですね。

そういった意味では国家資格を持っている人の方が、国の水準を満たしているので、安定した施術を受けやすいかと思います。

世の中にはたくさんの手技や資格が存在します。

 

皆さんも身体の不調を改善したいときは、一度調べて、どこに行くかを選ぶ時の参考にしていただければと思います。