産後の骨盤

こんなお悩みありませんか

  • 産後の骨盤は早く治療しないと固まっちゃう?
  • 産後の骨盤って放っておくとどうなるの?

産後の骨盤というのは生涯の中でも一番動く時期だと言われています。

でもそのまま放っておくと、骨盤が開きっぱなしになったり、体型が崩れたままになるなんてこともきいたことがあるのではないでしょうか?今回は産後の骨盤は放っておくとどうなるか、いつまでに治療するのがいいのかなどをお伝えしたいと思います!

産後の骨盤矯正に定評のあるこころ整骨院の産後の骨盤矯正の写真

産後の骨盤って放っておくとどうなるの?

別のコラムにも書きましたが、骨盤は動くところが非常に小さいので、普段の生活でゆがんでしまうことはほとんどありません。
ですが、”出産後”は話は別です。

 

出産前から出産後6ヶ月前後までは体の中にリラキシンというホルモンが出てきます。
このホルモンは骨盤周りの靭帯などを緩ませる働きがあるので、この時に初めて骨盤が開かれるので、いわゆる”骨盤がゆがむ”という状態になります。

 

このゆがんだ状態はリラキシンが出なくなるまで続きます。リラキシンが出ている間は骨盤が動きやすく、開きやすい状態なので、どんどんゆがみが強くなると、腰痛、下半身太り、足のむくみ、冷え性、全身の倦怠感などさまざまな症状が出てきます。

実際、産後のママさんは上記の症状でお悩みの方が非常に多いです。

ですので、早めの治療をおすすめしているのですが、リラキシンが出なくなった後だと急激に骨盤が固まってしまうので、開きっぱなしで固
定されてしまい、後からダイエットを頑張っても下半身が痩せにくくなる場合もあり、骨盤のゆがみ自体も治しにくくなってしまいます。

骨盤の矯正はリラキシンが出ていて一番骨盤が動きやすい産後1か月~6ヶ月の間にするのがベストです!

リラキシンが出なくなる時期は人によって個人差があるので、もし産後6ヶ月過ぎちゃってるよと思っても気軽にご相談してくださいね!