スポーツ整体

こんなお悩みありませんか

  • もうすぐ試合だから早く治したい
  • 身体がうまく動かず、スランプだ
  • 治療に行ってもなかなか治らない
  • 治療したいけれどどこにいけばいいかわからない
  • 少しでも早く練習に復帰したい

バスケで捻挫

そのお悩み、私たちにお任せください!

こころ整骨院 表参道院のスポーツ整体治療の特徴

こころ整骨院・表参道院では、野球・テニス・陸上・バレーボールなど、あらゆる競技によるケガや障害をサポートしています。

丁寧なカウンセリングと問診を行うことで、それぞれの協議の特徴はもちろん、個人のトレーニングスケジュール、患者様のお身体の状態、動きのクセや食事、チーム状況などトータル的に考慮した整体施術プランを設定します。可能な限り練習を続けながら回復出来るようにサポートさせていただきます。

こころ整骨院・表参道院のスポーツ障害治療では、整体やストレッチなどの手技により骨格の歪みを整え、さらにテーピングやオステオトロンなどの最新医療機器を活用しながら、おひとりおひとりの症状やご要望に沿った施術内容で対応させていただきます。

スポーツ整体の施術

またケガや障害だけでなく、ご希望の方には、装着して寝ているだけでインナーマッスルや全身の筋肉を鍛えられるマシーン「楽トレ」を使ったトレーニングにより、体幹を鍛え、パフォーマンスの向上を目指したメニューにも対応可能です。

スポーツ障害に関することは、こころ整骨院・表参道院にぜひご相談ください。

シンスプリント(ふくらはぎの内側の痛み)

シンスプリントとは、正式には脛骨過労性骨膜炎と言い、ふくらはぎの内側の骨を使い過ぎたことにより、骨を覆っている膜が炎症を起こした状態のことを言います。原因として、使い過ぎや筋力不足により、体幹のバランスが崩れて足に大きな負担がかかることにより起こります。スポーツを始めたての頃、身体の使い方もままならない状態で無理に酷使することで発生することが多いです。

放ったまま練習を続けると、疲労骨折になってしまう場合もあります。そのため、シンスプリント治療では、安静にし、炎症期の適切なトレーニングで筋力不足を解消することで体幹のバランスを良くして足にかかる負担を減らすことが大切です。

こころ整骨院・表参道院のシンスプリント治療は、まず、痛みが出ているときは練習を中止し、安静にします。問診を行い、足の柔軟性が悪い場合はストレッチやマッサージ、フォームの崩れがある場合は姿勢矯正の治療を行います。また、負担のかかった筋肉のしこりを改善するトリガーポイント療法で痛みを取り除き、EMSトレーニングで体幹を鍛えます。

足関節捻挫

捻挫とは、関節にその許容範囲を超えた動きが与えられた際に起きる損傷のひとつです。足関節捻挫は、捻挫の中で最も多く、スポーツや日常生活の歩行、階段での踏み外しで痛めてしまうことが多いです。

捻挫は損傷の程度により、以下の3つに分類されます。

  • 1.靭帯が伸びる程度の損傷
  • 2.靭帯の一部分が損傷されているもの
  • 3.靭帯が完全断裂しているもの

捻挫を放置していると、クセになってしまったり、関節が変形してしまったりと後遺症が残ってしまう場合があるため、適切な判断が必要になります。

圧痛(ひねった場所を押すと痛い)、疼痛(じっとしていても痛い)、熱感(ひねった場所が熱を持っている)、腫脹(腫れがあり、青紫色になっている)というような症状があった場合、まずRICEの処置を行います。

RICEの処置とは、Rest(安静)Ice(アイス)Compression(圧迫)Elevation(拳上)の頭文字を取ったもので、応急処置時に必要な4つの処置のことを言います。また、固定のためテーピングまたはサポーターなどを用いて患部を安静にします。スポーツ選手など、早期の現場復帰が求められる場合は重症度によってギプス固定も行います。また、病院にも置かれている特殊な超音波を用いて早期回復を目指します。

挫傷(肉離れ)

肉離れとは、筋肉や腱が打撃または無理に伸ばされることによって起こる外傷です。スポーツの際に起こることが多く、ふくらはぎの下1/3の筋肉と、もも裏の筋肉の内側が起こりやすく、「ぶちっ!!」と音がしたと言われる方もおられます。

症状としては、筋組織がやや伸びてしまった程度の経度のものから組織が完全に断裂してしまう重度のものまで、痛みや腫れ、その筋肉を使っての動作が出来ないなどの機能低下など様々です。

肉離れは長引きやすく、放っておくと何年も痛い状態が続くことがあります。

こころ整骨院・表参道院では、急性の肉離れの場合はまずRICE処置を行います。また、キネシオテープというテーピングを施します。捻挫とは違い、肉離れは固定していれば痛みが出にくくなるという特徴があるためです。そして、再発予防のトレーニングを行います。

骨折

骨に機械的刺激を与えると、その刺激に応じて骨が形成、修復されることが確認されています。

こころ整骨院・表参道院の骨折治療では、LIPUS(Low Intensity UltraSound:低出力カルパス超音波)という特殊な超音波を用いて早期回復を目指します。LIPUSはきわめて出力の弱い超音波を断続的に発振することで骨折部位に音圧効果を与え、骨の形成を促進します。通常の骨癒合期間が50日の場合40%の20日を短縮し30日(1か月)で骨癒合の方向に導きます。複数部位の同時治療や粉砕骨折・複雑骨折等の難治性骨折、手術後の治療などにも、効率的な治療が行えます。

最近の研究では、内側野球肘の剥離骨折やシンスプリント、疲労骨折、オスグッドにも効果があると報告されており、病院やプロスポーツの現場でも活躍しています。

LIPUSは保険制度の関係上、病院では難治性の骨折や手術後の骨折にしか使用されません。しかし、整骨院では病院より単価が低いため、サービスで提供しています。

また、一般的な整形外科の治療はレントゲン撮影後、ギプス固定と電気治療を行うのが主流ですが、最新の骨折治療はなるべく早い段階でリハビリテーションを行うようになってきています。時間的な制約のおおい病院よりも、一般的に整骨院の方が時間をかけることが多いため、LIPUSのある整骨院での治療はメリットがあると言えます。